「10周年ライブに緑装備で来るな」緑排除おじさんに賛否両論の声 #momoclo #桃響導夢


この記事は私がまとめました

▽日本の最大手アイドルグループ『ももクロ』が10周年を迎え記念ライブが東京ドームで近く開催される

アイドルグループ・ももいろクローバーZのメンバー、佐々木彩夏(21歳)と高城れに(24歳)が5月17日、それぞれの公式ブログを更新。同日、10周年を迎えた心境を「10周年の記念日を無事に迎えられてすごくうれしい」(佐々木)、「本当に幸せ者です」(高城)とつづった。

佐々木は「☆5.17です。あーりんです。☆」と題してブログを更新。「今日でももクロ 10周年!!ももクロ、おめでとう!メンバーみんな、おめでとう!モノノフのみんな、おめでとう!ももクロに携わってくれてるみーんなおめでとうー!!!そして、ありがとう。」と、ももクロに関わる全てに、祝福と感謝の気持ちを伝えた。

そして、同日は5月22、23日に開催するももクロ初の東京ドーム公演「The Diamond Four 〜in 桃響導夢〜」のリハーサル。スタッフから10周年のお祝いをしてもらい4人で感極まったという。

「そーゆー話は、東京ドームまで取っておくつもりだったんだけどなぁ〜笑 10周年の記念日を無事に迎えられてすごくうれしいです。でもやっぱり!ANNIVERSARY LIVEを成功させないと10周年ってなんか言えない!笑」と喝を入れ、「リハは順調に進んでます みんな、東京ドーム楽しみにしててねっ!」と呼びかけた。

ブログには、「桃」「響」「導」「夢」とそれぞれ書いた掛け軸を持った写真なども投稿している。

高城も「ももクロちゃん 10歳のお誕生日迎えました」と題して更新。「本当にももクロは人に恵まれてるなって。みんなのおめでとうコメントみても思ったし!こんな風にももクロを思ってくれてる人がいて、本当に幸せ者です。みんなありがとう。」と感謝を述べ、「もっとありがとうの気持ち伝えたいとこだけど、東京ドーム終わったらまたね!これからもずっとずっとももクロの一員でいてね!ありがとう!」と呼びかけ締めくくっている。

▽そんな中、とあるモノノフの発言でファン界隈がざわついている

『緑を排除しろ』

『緑装備で来るな』

『4人は4色を望んでいます』

『これでも自分のエゴを押し付けて緑装備を貫くのでしょうか?』

※大声で発したのはこの人ではあるが他にも緑を忌み嫌う層が多数いる

どうしてそこまでして緑が着たいのか純粋に疑問。4人が目の前に居て緑を着てるってどういう感情なんだ?緑を忘れるな!!!!!って4人に訴えたいのかな????

本人にぶつけられないから、4人にぶつけようとする。その緑推しの人間的ないやらしさが本当に気持ち悪い。推しにどうして好きだったのにやめたんだ!とぶつけられずに、頑張る4人のファンの間でだだをこねる。見苦しい。今の彼女を愛してやれよ。

緑推しから、緑を着るのもつけるのも自己満足のためにやってまーす!と正式にリプが来て、4人のことは見ても居ないんだと分かったので、緑排除は正しいとますます思いました。

▽この問題の傷は深く前から燻っていたものが10周年ライブという記念日を前に発火したものと思われる

▽ももクロ界隈で火種となっている『緑』とは今年、電撃引退宣言で世間を騒がせた彼女のことである

▽彼女の卒業は衝撃的で芸能界でも物議を醸した

▽「芸能界を引退する」という趣旨で卒業したがアーティストで活動を始めた

1月21日のライブで「ももいろクローバーZ」を卒業し、芸能界を引退した有安杏果。23歳の誕生日となる3月15日にはツイッターとインスタグラムのアカウントを開設し、ツイッターで11万人超、インスタグラムでは8万人弱のフォロワーを獲得している。4月15日には世界的アーティストで知られるブルーノ・マーズの来日公演に足を運んだ様子も投稿。一般人生活を目一杯エンジョイしているようだ。

有安のSNSに対しては、アンチからは「普通の女の子に戻るんじゃなかったのか?」といった批判も書き込まれている。だが多くのファンからは「楽しそう!」「杏果ちゃんを見ているとこっちも嬉しくなる」など、応援メッセージが寄せられているようだ。そんな有安について、アイドルの撮影も多いカメラマンが指摘する