指原莉乃さん起用で注意喚起‥4月に女性が狙われる勧誘が危険!


この記事は私がまとめました

kyama77さん

●政府広報オンラインの特集ページにて「アダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等」を公開

・HKT48・指原莉乃さんを起用

アダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等についての特集ページを更新しました。
指原莉乃さんからのメッセージ動画や、秘密を厳守する相談窓口等も紹介しています。

gov-online.go.jp/tokusyu/no_avj… pic.twitter.com/o3a9w2VZ93

内閣府はこのほど、政府広報オンラインの特集ページにて「アダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等」を公開

同サイトは、4月がAV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間であることから、より広く若い世代に「AV出演強要問題」

指原莉乃はイメージキャラクターとして、内閣府が作成する同キャンペーンのウェブ動画やポスター、新聞広告などに登場し、注意を呼びかける。

●そもそも「JKビジネス」とは?

警視庁は「JKビジネスとは女子高校生等であることを売りにして、見知らぬ男性と会話や占い、

ゲームなどをする、飲食しながら会話やゲームをする、散歩をする、個室でマッサージや添い寝をするなどしてお金をもらう仕事」と定義している。

・少女たちが事件に巻き込まれるケースも?

これらの性産業に取り込まれていく過程で、少女たちは薬物依存症の被害に遭ったり、摂食障害となったり、早すぎる妊娠や出産を経験したりします。

警視庁は18歳未満の未成年による個室でのマッサージを、性的興奮を与える有害業務と位置づけて、2013年、「労働基準法違反」 によって「JKリフレ」の店を一斉摘発した。

●そんな中、2014年頃から摘発逃れのために業態が細分化

ハグや添い寝など少女との接触行為が規制の網にかかると、需要の高いアンダー(18歳未満の少女)を使って荒稼ぎを目論むオーナーが、散歩だけを独立させた店を次々と誕生させた

●17年7月には「特定異性接客営業に関する条例」が東京で施行された

17年7月、ある条例が東京で施行された。「特定異性接客営業に関する条例」と呼ばれるこの条例は通称・JK条例と呼ばれ、

一時期の大規模な摘発によって減少しているのではないかと思うかもしれないが、実は同年6月調査の114店舗から増加してしまっている。

指原莉乃さん起用も 4月要注意のAV出演強要やJKビジネス被害防止 – FNNプライムオンライン fnn.jp/posts/00044571… #FNN サッシー起用にツッコミ入ってますが、逆に、えっ何それ?と思ったらとにかく見てみて!悪質手口、分かり易く解説されてます!転ばぬ先の杖!

指原さんが登場して啓発してくれる。本当に感謝。
ちょっと前に私たちが自前で訴えてたことが政府広報に。社会が一歩ずつ進む。
一人でも多くの若い人に届いてほしい❗
特集-アダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等 | 政府広報オンライン gov-online.go.jp/tokusyu/no_avj…

●一方、AV出演強要などでは、スカウト行為にまで広げれば105人の検挙を行ったという