たむけん罵倒のラーメン屋さんが閉店へ…一時の過ちが大変な事態を引き起こしてしまった!!


この記事は私がまとめました

たむらけんじさんといえば、実業家でありお笑い芸人でもある

たむらけんじ お笑いタレント。1973年5月4日生まれ、大阪府出身。A型。

NSC大阪校11期。お笑いコンビ・Lalalaとしてデビューするも1999年に解散。

現在は裸にふんどし、獅子舞姿で「ちゃ~」のギャグを披露するピン芸人として活躍中。

タレントのたむらけんじさん(44=よしもとクリエイティブ・エージェンシー)は『炭火焼肉たむら』(本店:大阪市城東区)など、海外を含め9店舗の飲食店を経営(フランチャイズ含む)する実業家としても知られている。

芸能人が名前だけを貸すタレントショップとは違い、2006年の1号店のオープンから一貫して自らが経営、今期の年商は3億円を超える見通しだ。

2009年には『なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?』(ワニブックス)を上梓している。

そんなたむけんさんを罵倒したラーメン屋さんが、一騒動になっていた!!

お笑いタレント・たむらけんじ(45)について「カメラなかったらおもろ無い奴」 などと揶揄(やゆ)するツイートをした大阪市内のラーメン店社長が6日、 ツイッターで騒動の経緯を説明し「私に全て責任がございます」と謝罪した。

騒動のきっかけは、同ラーメン店が1月22日にツイッターで「先程『たむけん』さんが来店されました!」とつぶやき、たむらと記念撮影した画像をアップ。

さらに、この投稿にリプライする形で「マイク、カメラなかったらおもろ無い奴 でした」と投稿。すでに当該ツイートは削除されている。

ラーメン店のSNSには「めっちゃ失礼」「閉店待ったなし」「たむけんに対して失礼すぎんだよ」「ラーメン作る暇あったら謝罪しとけや」などの批判が 続々と寄せられ炎上状態となっていた。

お笑い芸人のたむらけんじさんが10月26日、フリーアナウンサーの高島彩さんがオフィシャルInstagramの閉鎖を発表した件についてTwitterで言及。

閉鎖の要因となった一部のユーザーに対して「大バチがあたりますように」と怒りをあらわにしています。

遂に閉店する結果に…

今年1月、プライベートで訪れたお笑い芸人のたむらけんじ(46歳)に対して、Twitterで暴言を吐いたとして騒動になった大阪・北堀江にあるラーメン店「麺家いさむ」が、5月25日で閉店することを発表した。

当店は、誠に勝手ながら、令和元年5月25日22時をもって 閉店(営業終了)致します。 1年間のご愛顧、誠に有難う御座いました」と告知している。

たむらけんじを罵倒したときの威勢のよさはどこへやら、事務的な文章に終始しています。

「麺家いさむ」は、大阪メトロ四つ橋線の四ツ橋駅そばに2018年4月1日にオープン。食べログ評価は5月10日時点で「3.55」だった。

食べログの評価は「3.55」と一定の支持者はいたようですが、やはり騒動によってお店に一日中嫌がらせのいたずら電話などがあったらしいので、それなりに影響があったのかもしれません。

様々な声が

たむけんを罵倒したラーメン屋、麺家いさむが閉店したそうだけど、炎上後にも公式垢がこんなコメントしてたら、そりゃ潰れますわな。たぶん一従業員が書いてるのだろうが、店垢なのにら個人垢のノリで書いてたら…ね。それ以前に煽り耐性低すぎ。 pic.twitter.com/FAubAKqYcr

暴言ラーメン屋が閉店か。
たむけんがおもんない、と真実を言ったばかりに…