「月50万で生き甲斐ない生活」‥最近の企業広告に様々な声


この記事は私がまとめました

kyama77さん

●阪急電鉄がコラボした中吊り広告について、ネット上で物議に?

話題になっている企画は、阪急電鉄と、企業ブランディングなどを手掛ける会社「パラドックス」がコラボレーションした「ハタコトレイン」。

2019年6月1日に始まり、30日まで続ける予定となっている。パラドックスは「はたらく言葉たち」という、働く人たちの言葉を集めた本を刊行している。

パラドックス公式ホームページには、「今日も仕事に向き合うたくさんの働く人たちの背中を押せるプロジェクト」とつづられていた。

運用調査帰りに京都のハタコトレインに遭遇♬
後はヅカ線だけです pic.twitter.com/cjRke6tsa2

今日は念願のハタコトレインに乗れました ! カラフルだけどシンプルな、はたらく言葉たちだけが書かれた広告がずらっと並ぶ光景は圧巻です☺️  編成が上がってなくて運用調べられませんでしたがやっと・・・ 京都線編成は阪急1300系1304Fでした pic.twitter.com/wL1ZVzVUK7

・その中で「月50万で生き甲斐のない生活を…」などという言葉がネットで注目を集めた

しかし、その中にあった「研究機関 研究者/80代」の「毎月50万円をもらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか」という言葉

通勤のために利用する人も多い阪急電鉄。この言葉の数々にげんなりとしたネットユーザーが多かったよう

●ネットでは、この広告に様々な声が寄せられている

仕事が生き甲斐の人など一握りでしょう

月50万で生き甲斐がない仕事?30万で楽しい仕事?よくわからんが
月10万にもならないバイトして毎月推しの現場行って幸せな学生もおるんやけど?

毎月30万すら貰えずに毎日生き甲斐の無い生活送ってる人もいるのにね。何でも二択で迫ろうとすんな。

毎月50万円確定でもらえるのがどうして生き甲斐のない生活なんですか? 謎すぎて笑えてしまう 貯金もできてやりくりしたら月に数回ちょっとした贅沢な食事やプチ旅行にだって行けるし何より趣味にお金つぎ込めてオタク幸せで涙でちゃうわよ

別に仕事を生き甲斐にしたくないから、50万くれ。
色々が値上げの時代に、金がなきゃ生活出来ん。

例のはんきゅーの広告
生き甲斐なくても月50万貰えるなら行くよ・・・
生き甲斐もなくて30の3分の1だよ・・・

・「月50万もらえたら生き甲斐を見つけられる」と言う声

月50万貰ったら生き甲斐見つけれそうな気がする

月50万もらえたら生き甲斐なんていくらでも見つけられる。
月30万だって十分高い水準の生活ができる。

どっちも最高の生活じゃないか。

月50万もらって生き甲斐が無いて
そんだけもろてたら仕事以外で生き甲斐見つけるがな

毎月50万貰えれば生き甲斐なんて仕事以外で自分で幾らでも見つけるし、見つからなきゃ自分で作るわ!!っていう(笑)

毎月50万あったらとりあえず嬉しいけどなあ生き甲斐はなんか見つかるでしょ、無いという前提がおかしい

月50万もらえたら毎日仕事中に「何に使おうか」でワクテカして気付いたら退勤時間になってそう。毎日生き甲斐が生まれるわ

・一方でこんな声も‥

現代人は仕事にそもそも生き甲斐見出してないし求めてないんやろ(適当)

生き甲斐なんてなくていいから毎月50万くれ
30万でもいいや
20万でもいいし
15万でもいいよ

生き甲斐が、そんなに価値のないものなら、まったくいらないなー

やりがいも仕事のしがいも、金額って結構大きくない?

30万で仕事に生き甲斐を持つより、仕事に生き甲斐なくても、50万もらって趣味や生活に生き甲斐を見つけることにするな