そこに価値はあるのか…サイン色紙を『ネット購入』する事に様々な声


この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼有名人と言えばほとんどの人が書いたことはあるであろう

日本では著名人が色紙にサインをして贈る習慣(サイン色紙)が見られる。

有名人はファンとの会合でサインをしたり、サイン入り商品を販売したりする。

しかしサインはネットにも出回っていることが多く

インターネットオークションで有名人のサインや直筆の手紙などが出品されていることがあります。

サイン色紙やサイン本やサイン帳に価格が付き、価格があがり、それを欲しがる人が手に入れたがるので直筆のサイン色紙等を販売するお店やオークションやネットオークションで販売される事が多いです。

▼そんなサインですが偽物も多い

女優の綾瀬はるかさんや土屋太鳳さんのサイン入りとうそをついてワンピースやバッグを買い取らせたとして、群馬県警察本部サイバー犯罪対策課と前橋署は8日、詐欺の疑いで、横浜市青葉区奈良、脚本家、旭井寧容疑者(56)を逮捕。

神奈川横浜市内にある中古品販売店にそれらを下取りさせ、現金4万円をだまし取った疑いだ。

県警は昨年7月、サイバーパトロールで芸能人のサイン入りの衣類やバッグが複数出品されていることから入手経路を捜査。各芸能事務所に確認し、サインが偽物だと判明した。

旭井容疑者は17年9月ころから19年4月まで、この中古販売店に有名人のサイン入りグッズを販売。この2年間で、1500万円ほどだまし取っていたというから驚きだ。

▼高く売れるサイン色紙

引退した人のサインが値段高くなる傾向にあるようです。最近の芸能人で言えば安室奈美恵、SMAP、そして嵐などは今後どんどん値段が上がっていく傾向にあるでしょう。

すでに亡くなってしまい、もうこれ以上サインが発行されない人のサインは非常に高くなる傾向があります。

▼サインが本物を見極めるのも難しい

有名人のサインが本物か偽物なのかを見分けるのは、実際に本人に聞かないとわからない部分も多く、一般人が聞くのは難しいので、オークションの評価で出品物の信頼度を確認することも難しいです。

既に入札者がいると、それが本物の証明だと錯覚してしまうことがありますが、偽物に入札してしまう人はたくさんいます。

有名人のサインはソーシャルネットワークなどで画像がアップされていることも多く、まねようとすれば簡単にまねられるということがあります。

▼偽物の増加に芸能界は・・・

AKBは「サイン会」を行う場合、身分証を提示させて本人確認を行い「●●さんへ」というように本名を必ず記入するようにしている。