めっちゃオチャメ♪NZ代表オールブラックスが自由すぎるんだがw


この記事は私がまとめました

屈強なだけではないオールブラックスの様子をご覧ください。

nyokikeさん

▼史上初の3連覇を狙う「オールブラックス」が今大会最多得点で快勝

史上初の3連覇を狙う王者ニュージーランド(NZ、世界ランク1位)が今大会最多得点を挙げ、ナミビア(同23位)を71-9と圧倒した。

メンバーを入れ替えた影響もあったのか、序盤ぎこちなかったニュージーランドに対し、ナミビアも前半30分までは9-10と互角の戦いを見せていたが、2連覇中の王者はそこから一気にギアを上げて相手を突き放し、前回イングランド大会(Rugby World Cup 2015)での58-14を上回る大勝を飾った。

大量11トライで、1987年の第1回大会から続く1次リーグの無敗記録を「31」に伸ばし、W杯での連勝も「17」となった。

両チーム入り乱れて、せーのでファンにお辞儀✨もはやこの大会お決まりの光景になりつつあります

#RWC2019 #NZLvNAM #RWC東京 pic.twitter.com/UKKgoFnvO6

ニュージーランドは次のイタリア戦に勝てばB組1位で準々決勝に進み、A組2位と当たる。日本のA組順位次第では、準々決勝が王者と開催国の大一番となる。

▼現在日本で行われているラグビーワールドカップが盛り上がっている

単一スポーツの国際大会としては、サッカーのW杯に次ぐ2番目の規模という大きなスポーツイベント。応援する各国代表のレプリカジャージを着た外国人観光客たちの姿が、あちこちで見られている。

・中でも優勝候補筆頭のニュージーランド代表「オールブラックス」に注目が集まっています

オールブラックスは、世界最優秀選手に2度も輝いた司令塔のボーデン・バレットや、無尽蔵のスタミナを誇るフォワードのサム・ケーンらを擁する、優勝候補筆頭。

・「オールブラックス」の伝統舞踊「ハカ」の迫力が凄い

もともと、ハカはNZの先住民族・マオリの伝統舞踊。今はラグビー以外のスポーツのほか、結婚式や葬式、卒業式でも演じられている。

オールブラックスは初戦の南アフリカ戦で特別な試合のみで舞う「カパオパンゴ」を横浜で、2戦目のカナダ戦は 日本のファンにもなじみ深い通常の「カマテ」を大分で披露。

・オールブラックスが”おじぎ”を今大会恒例にしている意味は…

#NZLvCAN  両チームの選手たちが一緒になって、観客に一礼‍♂️

ファンの声援に感謝の気持ちを伝えます✨

#オールブラックス
#RWC2019 
#RWC大分 
#BACKBLACK 
pic.twitter.com/c0FA81VRZ9

「できるだけ日本の皆さんとつながりたい。私たちを愛してくださっていた」と日本人の思いに応えるために行ったものと語った。

リード主将のコメント

▼来日以降、日本中をほっこりさせているオールブラックス

ラグビーニュージーランド代表、オールブラックスのメンバーが仕事場を訪問してくれました。日本開催のワールドカップで、彼らがどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみです! pic.twitter.com/7cC8jMb6TG

#オールブラックス#キャプテン翼 の作者・高橋陽一先生のオフィスを訪問⚽️

高橋先生に教わりながら翼くんのイラストを描くなど、貴重な時間を過ごした3選手️

最後にオールブラックス仕様の翼くん直筆イラストをプレゼントしていただきました️

#BACKBLACK
#CaptainTsubasa pic.twitter.com/7zGhOZJIr6

・銀座ではラーメンを満喫

九州じゃんがら銀座店を訪れた #オールブラックス
厨房にも入って、日本のラーメンを満喫しました

#RWC2019
#BACKBLACK pic.twitter.com/X2ztrOkwDV

肩を寄せ合って並んで座る屈強な男たち。目の前のテーブルに置かれたのは日本の味、ラーメンだ。青のTシャツ姿のアンガス・タアヴァオ、ベン・スミス、アーディー・サヴェア、セヴ・リースの4選手は、お箸とレンゲを手にどんぶりに向かっている。サヴェアの実に嬉しそうな笑顔も印象的だ。

・オールブラックスのリラックスする姿が自由すぎたw