ガンダムにAKIRA・・・・・レディ・プレイヤー1の版権はどうなってるの?


この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼2018年に公開された『レディ・プレイヤー1』 監督はスティーヴン・スピルバーグ

『レディ・プレイヤー1』(原題: Ready Player One)は、2018年にアメリカ合衆国で公開されたSF映画である。監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演はタイ・シェリダンとオリヴィア・クックが務めた。アーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』を原作としている。

▼2020年7月3日には日本テレビ"金曜ロードSHOW!"で地上波初登場

スティーブン・スピルバーグ監督の映画「レディ・プレイヤー1」が、7月3日に「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、午後9時)で放送される。

▼本作の見どころとしてはガンダムやメカゴジラなど、世界中のさまざまなコンテンツのキャラクターが登場

作中には、ガンダムやメカゴジラ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンなど、世界中のさまざまなコンテンツのキャラクターが登場。世界規模のクロスオーバーが実現していることも、魅力のひとつ。

▼ガンダムがメカゴジラと戦い、しかも監督はスピルバーグ・・・・40年前なら誰も信用しなかっただろう

特にクライマックスでは、既に報じられているように、機動戦士ガンダムが登場! しかも、戦う相手は日本を代表する×××××!高校生だった頃の自分に教えたい!「40年後にはハリウッド映画でガンダムと×××××がバトルして、しかも監督はスピルバーグ」って!きっと「うそつき!」と言われるけどな!

▼これは版権とかどうなっているんだ!? 交渉には3年かかったといわれる

日米の映画やコミックやアニメやゲームのキャラクターが入り乱れるため、版権をクリアするのが難しく、映画化は不可能と言われていた。

レディ・プレイヤー1のここがすごい。

・3年かけて交渉した50作品以上の版権を秒速で消化していく

▼巨匠スティーブン・スピルバーグが製作・監督することで、各社は喜んでキャラの使用を承諾

巨匠スティーブン・スピルバーグが製作・監督することで、各社は喜んでキャラの使用を承諾、オールスター夢の競演が実現!

結果として映画は、著作権で保護された原作要素のおよそ80パーセントを確保し、この壮大な物語を映画として結実させるに至っている。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと『アキラ AKIRA』の金田のバイクと、マッハ号とバットモービルが、キングコングに追われながらチキチキ・カーレースという自分で書いててどうかしているような場面からスタート!

ただ、原作に登場するウルトラマンは、製作期間中に版権をめぐる裁判中だったため、出てきません。残念!

▼ガンダムの公式ツイッターはまるでお祭りとなった・・・・これはスピルバーグへのリスペクトなければ、こうはならない

公式の「俺はガンダムで行く」
を可能な限りまとめてみた pic.twitter.com/SNAs4eDPPA

ガンダム各公式アカウントの本気!!
一体何機出撃するんですか!?part1
#俺たちもガンダムで行く pic.twitter.com/hSIqzUUCAg

▼こんなネタも投稿された

▼スティーブン・スピルバーグが製作・監督するからと交渉が有利になったという事実・・・・・ツイッターでの反応

@Mizsawa @murrhauser スピルバーグの名前だけで
二つ返事だったという版権元も
あったみたいですね。