迷惑防止条例違反「ユーチューバー」 原宿駅構内でAV音声流し送検


この記事は私がまとめました

警視庁によりますと、音声を聞いた駅の利用客の様子を動画で撮影していたということです。

july701さん

書類送検されたのは、いずれも東京 文京区に住む、26歳の「ユーチューバー」と、23歳の飲食店アルバイトの2人です。

警視庁によりますと2人はことし6月、JR原宿駅の構内にある多目的トイレで、アダルトビデオの音声をおよそ5分間にわたって大音量で流したとして、都の迷惑防止条例違反などの疑いが持たれています。

2人はトイレの前の通路にカメラを設置したうえで、音声を聞いた駅の利用客の様子を動画で撮影していたということです。

警視庁によりますと、駅員からの通報を受けて警察官がすぐに現場に駆けつけたため、動画がネット上に投稿されることはなかったということです。

調べに対しいずれも容疑を認め、このうち26歳のユーチューバーは「動画の再生回数を伸ばしたいと思い、面白半分で撮影した」などと話しているということです。

取り調べに対し2人は容疑を認めていて、ユーチューバーの男性は、「アンジャッシュの渡部さんが多目的トイレで不倫したニュースをヒントに企画を考えた」「今後は人に迷惑をかけないユーチューバーとして活動していきたい」と供述しているということです。

相次ぐユーチューバーの迷惑行為

愛知県では先月、スーパーで商品の魚の切り身1パックをレジで会計する前に食べたとして、29歳のユーチューバーが逮捕されました。

警察によりますと、一部始終を撮影したとみられる動画をネット上に投稿していたということです。

へずまりゅうはある動画内で無理やりコラボを迫りながら、「動画を回したいんですよ、回して自分の売名になるんですよ」という発言をしている。著名YouTuberにからむ目的は、あくまで自分の売名行為。彼は他の取材などでも、「知名度を上げたい、人気者になりたい、お金もほしい」という発言を繰り返している。

3月には人気YouTuberのラファエルの仮面を剥がそうとしたり、ストーカーまがいの行為をしてあわや告訴という事態に。6月には同じく人気YouTuberのシバターやその妻子と見られる人物の映像を、「シバターの嫁と娘を大公開」として公開し、シバターと口論になることもあった。

著名YouTuberに次々と突撃をしてUUUMやVAZなどの大手YouTuber事務所から弁護士経由で警告を受け、訴訟問題も抱えていたようだ。

東京 渋谷区では去年5月、スクランブル交差点の真ん中に男性が寝そべった状態のベッドを運び込んで置き、その状況を動画で撮影して歩行者の通行を妨げたとして、20代のユーチューバーら7人が書類送検されました。

警視庁によりますと、7人は「人の気を引くような動画を撮りたかった」などと、話していたということです。

このほか、覚醒剤に見せかけた白い粉の入った袋を交番の前にわざと落とす、猫を水路に投げ込む、などといった迷惑行為やいたずらで検挙されたケースもあります。