写メを撮る人続出…JR西日本「パンダくろしお」が可愛すぎる


・鉄道むすめに黒潮しららが加入したJR西日本

JR西日本の公式鉄道むすめ
黒潮しららちゃん
普通に可愛い pic.twitter.com/6awLWmWi9C

全国鉄道事業者の制服を着たキャラクター「鉄道むすめ」に、JR西日本のキャラクター「黒潮しらら」が加わりました。

「鉄道むすめ」は、鉄道模型などの玩具製造会社「トミーテック」(栃木県)がフィギアなどさまざまな商品で展開する女性キャラクター。

鉄道事業者の制服を着用し、駅名や路線名にちなんで名付けた60以上のキャラクターが存在する。

黒潮しららは白浜駅の駅員。同駅の夏季の制服であるアロハシャツを着ており、動物が大好きで、一番好きな動物はパンダ。

・ICOCAエリアに「車載型IC改札機」を導入し便利になる

JR西日本米子支社は2017年10月18日(水)、ICカード乗車券「ICOCA」のサービスを境線(米子~境港)に導入すると発表

駅に改札機を設けず、列車内に「車載型IC改札機」を設置する。

利用できるICカードは「ICOCA」のほか、全国相互利用対象の「Kitaka」「PASMO」「Suica」「manaca(マナカ)」「TOICA」「PiTaPa」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」も含まれます。

JR西日本が車載型IC改札機を導入するのは、これが初めて。2019年春にサービスを開始する予定

・そしてパンダと言えば今話題なのは「パンダくろしお」

287系1編成(6両編成)を使用し、先頭車(1・6号車)はパンダフェイスのデザインで、車体側面にジャイアントパンダをラッピング。

・実はこれ、アドベンチャーワールドとのコラボ

今年で発足30周年を迎えたJR西日本と、来年で開園40周年を迎える「アドベンチャーワールド」のコラボで運行されるラッピング列車のコンセプトは「旅に"ときめき"を」。

「見る人、乗る人すべてが旅することに"ときめき"を感じ、スマイルが広がるラッピング列車」として運行されるという。

JR西日本和歌山支社の伊藤義彦支社長は「期待以上にかわいらしく、皆様が笑顔になるような楽しい車両ができあがりました。JRや『アドベンチャーワールド』にとって節目となる年に、この車両を通じて皆様に感謝の心を伝えたいです」

・関西では写メを撮る人が続出している

「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」
「くろしお9号」送り込み回送
長岡京にて pic.twitter.com/pD7inYnjMK

おはようございます。
一昨日の晩、西九条駅で遭遇したパンダくろしお…残念ながら手前の駅標にピントが合ってしまいました(苦笑) #テツなひととき #パンダくろしお # pic.twitter.com/BUJ4VCsQ6Q

精神的疲れが続いたから食欲無いかも。。。

せっかくだからナイトショーでも観に行くかな。

それとも、乗りたかったパンダくろしおに乗って1人旅に出ようかな。 pic.twitter.com/LOzgnWC3GS

パンダくろしおは、いろんなところにパンダがいたよ!
#pandaJP pic.twitter.com/XvRRUidQ8L

・年末年始に乗車できるチャンスあり!