対応力すご…マスク製造など海外アパレル企業のコロナ支援が進んでる件


この記事は私がまとめました

ラガモさん

終息する気配のない新型コロナウイルス

AFPが各国当局の発表に基づき日本時間31日午前4時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は3万6674人に上り、うち3分の2以上が欧州で確認された。

中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに184の国・地域で計75万7940人の感染が確認され、少なくとも14万8700人が回復した。

そんななか、多くの海外ファッションブランドから

有名ブランド企業が続々と人工呼吸器やマスクなど医療関係物資の生産に名乗りを上げている。

たとえば、ラルフ・ローレンは”医療着およびマスクの製造”

ラルフ・ローレンが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、医療着およびマスクの製造を始める。

発表によると、アメリカにて25万個のマスクと2万5000個の医療着を作る予定だという。

ラルフ・ローレン氏は、「我が社の中心には常に連帯の精神がある。それは私たちの創造力や自信、そして最も重要な、お互いを助け合う精神につながっている。ここ数カ月から数週間の間も、その精神は薄れていない」と述べた。

アルマーニは”使い捨て医療用オーバーオールの製造”

アルマーニグループが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために働く医療従事者のため、イタリアの全ての自社生産工場で使い捨て医療用オーバーオールの製造を開始した。

同社によると、「新型コロナウイルス感染と闘う医療従事者の防護」のため使用される。

創業者ジョルジオ・アルマーニ氏はここ数週間で、流行が特に深刻な北部のベルガモ(Bergamo)やピアチェンツァ(Piacenza)をはじめ国内各地の病院に総額200万ユーロ(約2億4000万円)を寄付

カナダグースは”スクラブ(医療用ウエア)とガウン式患者衣の生産”

カナダ政府は20日、全国の製造業者に、すでにマスクや人工呼吸器、手指消毒剤を製造しているなら増産を、そうでなければ医療用品製造に乗り出すよう要請。

カナダの高級衣料品ブランド「カナダグース(Canada Goose)」は25日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)で品薄となっているスクラブ(医療用ウエア)とガウン式患者衣の生産を始めると発表

同社のパーカ製造施設のうちトロントとウィニペグ(Winnipeg)にある2か所で従業員約100人が医療着の生産に当たる。

LVMHグループは”除菌用ジェルを生産”

ルイ・ヴィトンやディオール、ゲラン、ジバンシィなどの高級ブランドを保有するLVMHグループが、手指を消毒するための除菌用ジェルを生産し、保健当局者らに無償提供する

声明で、「香水や化粧品ブランドを製造しているラインで(中略)16日以降、液体アルコールジェルの大量生産を行う」と発表した。

報道向けの発表で「今回の取り組みを通じ、フランス国内で物資が不足するリスクへの対応を支援したい。それによって従来よりはるかに多くの人々が引き続き正しい行動をとれるようになり、結果的にウイルスの拡大から自分自身を守ることを可能にする」と述べた

ケリング・グループ”マスクと医療用オーバーオール生産”

高級ファッションブランドとして知られる「グッチ」や「イヴ・サンローラン」「バレンシアガ」を傘下に持つフランスのファッション大手、ケリング・グループ